· 

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
エアコン修理で入庫したエアロミディ

こちらのバスは時々エアコンが効かなかったが、ついに全く効かなくなったとご入庫。

 

症状としてはコンプレッサーが入っていません。

 

ガス漏れでは無いようです。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
エアコンは三菱製 BM450-1

エアコンは三菱製 BM450-1 です。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
コンプレッサー部で信号を確認します。

コンプレッサーに電源が来ておらず、ガスも入っていることから、制御系の不良のようです。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
後部天井内の制御盤、リレーヒューズが集中しています

後部天井から時々ガチャガチャッっと音がしました。

 

リレーのコイルが接触不良を起こしているのでしょうか・・・

 

パネルを開けて点検します。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
埃だらけになっているエバポレーター

天井内のエバポレーターも埃が大量に付着しています。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
エアコンコントロールアンプ

点検を進めていくと、どうやらコントロールアンプから信号が出ていないようです。

 

コントロールアンプは天井制御盤の前側に付いていました。

 

コントロールアンプを外して単体点検をしてみます。

 

アンプの品番は BSA501A005C

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
コントロールアンプ内部

アンプ内部の基板はこうなっています。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
コネクタ部の半田に酷いクラックが有ります

パッと見ただけでも判別可能な程の酷いクラックが多数・・・

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
一部を顕微鏡で拡大

一部を実体顕微鏡で拡大しました。

 

状態はかなり悪いですね・・・

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
修理工程 作業前

修理作業の一部をご紹介

 

こちらが作業前のコネクタ部。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
修理工程 劣化半田除去

まず、劣化した半田を半田吸い取り器で除去します。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
修理工程 半田付け

信頼製の高い、鉛入り共晶半田で新たに半田付けします。

 

必ずフラックスを使用してきれいなフィレットを形成するよう半田付けします。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
修理工程 半田部拡大

拡大するとこのような感じになっています。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
修理工程 フラックス洗浄

当社では無洗浄タイプのフラックスを使用していますが、腐食しにくいというだけで危険性は有るのでフラックスは洗浄しておきます。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
フラックス洗浄後を拡大

フラックス洗浄後を拡大しました。

 

フィレットの形状は真上からなので見にくいですが・・・

 

他にも修正が必要なところも作業後組み上げます。

 

車両へ取り付けして動作を確認すると、問題無くエアコンが入るようになりました。

バス 三菱フソウ エアロミディ エアコン修理 コンプレッサー入らない
洗浄して綺麗になったエバポレーター同時に臭いも取れます。

大切な熱交換をするエバポレーター、家庭のエアコンだけで無く、車両のエアコンも掃除が大切です。

 

全て洗浄して綺麗になりました。

 

エアコンの効きもかなり回復することでしょう。

 

すべの作業が終わりましたので、無事即日納車することが出来ました。

 

この度はご依頼ありがとうございました。